美容師情報>髪のハリを保つコツ

「何となく、年をとるにつれて髪が元気がなくなってきたの」
お客様から時々そんな言葉を聞きます。年齢を重ねるごとに、髪も地肌もおとろえてきます。
よく、お客様に説明するのが、
「地肌も髪も一生、成長するんですよ。体と一緒で、調子の悪い時もあれば、

良い時もあります。傷ませないように、予防とケアをしてあげましょうね。」です。
確かに、手足の爪も、肌色も体調が分かりますよね?
それと一緒で、髪も、病気したり、ストレスを長期間うけたり、
薬を飲んだりすると、髪質が違ってきます。
例えば、花粉症や鼻炎の抗生剤を飲んでいた人は、飲んでいた期間、
ときおり白髪が生えてくる場合があるのです。3ヶ月前に1ヶ月間飲んでたら、

根元から2センチ黒くて次1センチ白くて後毛先まで黒いという感じです。(経験により)
または、色が明るくなったりします。
そんな風に体のバロメーターのようであり、体の一部であります。
薬のせいで白髪の部分ができたら切ってしまわないと、取れませんが。
信号がでたら、髪だけでなく、一緒に体と心のケアもしましょうね。

美容師情報

トップページ
まずは自分にあった美容室を選ぶポイント
美容室の雰囲気を見極めるコツ
必見!失敗しないカットの注文をする方法
美容室での料金のカラクリ?
美容師をその気にさせる魔法の言葉
美容師の選び方
シャンプーの適正回数は
髪の正しい洗い方
髪が匂う原因
あなたの知らないカットの真実
美容師の話題作り
髪の大敵・塩素
髪のボリューム
髪のボリュームを抑える方法
髪のハリを保つコツ
白髪を予防する方法
頭皮マッサージの効果
産後の抜け毛
誰でも出来るお団子ヘアのコツ
寝癖直しのコツ
おだんごヘアがつくれる髪の長さ
i美容師の指名の仕方
髪がつややかに見える方法
縮毛矯正の長所と短所
縮毛矯正のお手入れ方法
美容師の痛い体験
紫外線が髪に与える影響
美容師のやりがい
美容師の手荒れの悩み
美容師の手あれ解決法

リンク

トップページ

inserted by FC2 system