美容師情報>髪の正しい洗い方

皆さん!シャンプーの仕方ってどうしてますか?
≪悪い例≫
@クシでとかずにざっと、髪をぬらす。
Aシャンプーを手にとる。
Bそのまま、髪や地肌にベッタリつける。

C少しだけ泡立てて、すぐ流す。
さて、ドコがいけないポイントだったでしょう?わかりましたか?簡単なようで、実は、間違いだらけ。
≪良い洗い方≫
@クシでといて髪のからまりをほぐす。
A髪についた、ホコリや汚れを落とす為、しっかり地肌からお湯で流します。
Bシャンプーを適量を手にとり、両手である程度泡立てます。

C泡立てたシャンプーは、まず、地肌につけましょう。そして、地肌をマッサージするように洗います。
D地肌を洗っていると、次第に、泡が髪の方に移動するので、髪をこの時になってから、優しくもむように洗います。
Eかゆい所もなくなったら、泡がなくなるまで流します。(泡がたちにくければ、Aから、もう一度します。
F後は、トリートメント等を毛先を中心になじませ流します。
そして!タオルで、地肌は、もむように、髪はタオルではさんで軽くたたくように水分をとります。
地肌も髪もお大事に!

美容師情報

トップページ
まずは自分にあった美容室を選ぶポイント
美容室の雰囲気を見極めるコツ
必見!失敗しないカットの注文をする方法
美容室での料金のカラクリ?
美容師をその気にさせる魔法の言葉
美容師の選び方
シャンプーの適正回数は
髪の正しい洗い方
髪が匂う原因
あなたの知らないカットの真実
美容師の話題作り
髪の大敵・塩素
髪のボリューム
髪のボリュームを抑える方法
髪のハリを保つコツ
白髪を予防する方法
頭皮マッサージの効果
産後の抜け毛
誰でも出来るお団子ヘアのコツ
寝癖直しのコツ
おだんごヘアがつくれる髪の長さ
i美容師の指名の仕方
髪がつややかに見える方法
縮毛矯正の長所と短所
縮毛矯正のお手入れ方法
美容師の痛い体験
紫外線が髪に与える影響
美容師のやりがい
美容師の手荒れの悩み
美容師の手あれ解決法

リンク

トップページ

inserted by FC2 system